スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 退職時の保険料免除について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

退職時の保険料免除について

著者  ピコスケ さん 最終更新日:2015年11月09日 13:11
9月半ばに妊娠出産により退職し、健康保険任意継続しています。
総務の方にいろいろ手続きをしていただき、退職の場合は産前産後休業の保険料免除には当たらないと聞き、健康保険任意継続に切り替えたのですが、
予定日より早く産まれ、退職した勤め先の総務に問い合わせたところ『産前産後休業取得変更届』を提出してほしいと言われました。
その書類、タイトルに『健康保険厚生年金保険』とついているのに今さら気づきました。
退職前にも、似たような書類は提出したと思います)
この書類は何のために提出するのでしょうか?
もしかして、保険料免除のためなら、今任意継続している保険の保険料は支払わなくてもいいのではないかと、ふと思って…
教えて下さると幸いです。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 退職時の保険料免除について

著者  ユキンコクラブ さん 2015年11月09日 17:01
産休に入られた日、退職した日が不明ですので、なんともいえませんが。。。。

健康保険厚生年金保険料免除は、産前産後期間において、会社に在籍していること、かつ、健康保険厚生年金被保険者であること、産前産後休業中であることが条件です。
退職と同時に、健康保険厚生年金被保険者資格を喪失しますので、退職後は免除というより、被保険者でないということになり、健康保険厚生年金保険料を徴収することも、納付することできません。

産前6週間、産後8週間の間において保険料が全額免除されますが、免除手続きは、出産予定日で届出ることができます。実際の出産日が、予定日以外の場合、出産日が早まった場合は、産前期間がずれてしまうことになりますし、予定日より遅く生まれれば、産後休業期間がずれてしまうので、どちらにしても変更届が必要となります。

任意意継続被保険者制度は、健康保険のみとなります。
任意継続被保険者制度には、保険料免除制度はありません。
退職後、保険料負担がある任意継続被保険者を選択されたのですから、最長で2年間は保険料を払う必要があります。
返信新規投稿する

ユキンコクラブ様

著者  ピコスケ さん 2015年11月13日 12:19
お答えいただき、ありがとうございます。
返信が遅くなり、申し訳ありません。

本来産休に入るべき6週前が8月29日、退職日が9月12日。出産日が10月3日です。
ユキンコクラブ様の説明にあったように、勤務先に在籍していないと免除の対象にならないというのは、総務担当も言っていました。
私の場合、保険料免除の期間は、出産日から6週前の8月23日から退職日の9月12日までということですよね?
あとから言われたことですが、退職願を書く際に、月末まで籍を置いておいたほうが…(欠勤扱いで)とのことは、保険料免除のためでもあったんですね(笑)
どちらにしても、総務に変更届は提出はしなくてはならないのですね。

よくわかるご説明、ありがとうございました。
返信新規投稿する

Re: ユキンコクラブ様

著者  ユキンコクラブ さん 2015年11月13日 12:56
そうですね。。。

細かいことをいうと、健康保険厚生年金も月単位で計算します。

産休に対する保険料免除は、
産休に入った月から、産休が終わる月の前月分までとなっています。

よって、ピコスケ様の場合
産前休業期間がずれますが、同じ8月開始になりますので、8月分の保険料は免除ということになります。
が、9月の途中でやめていますので、9月は免除ではなく、退職に伴う資格喪失のため保険料負担なし。。。ということになります。
そして、任意継続を9月の退職日の翌日からという形で、手続きされたと思いますので、9月分の任意継続被保険者保険料負担が発生します。。。これももったいない。



8月23日~8月29日の期間で、欠勤等で賃金が払われていない場合(有給休暇は除く)は、産休の対象となり、出産手当金の支給対象となります。ご確認ください。

ご無事の出産だったご様子。これからの子育ても大変だと思いますが、子どもの成長は何よりの励みになります。
大変なときは、赤ちゃんのお世話以外は手抜きをしましょう。。。
返信新規投稿する

Re: ユキンコクラブ様

著者  ピコスケ さん 2015年11月13日 17:11
ご返信ありがとうございます。

> 産前休業期間がずれますが、同じ8月開始になりますので、8月分の保険料は免除ということになります。
> が、9月の途中でやめていますので、9月は免除ではなく、退職に伴う資格喪失のため保険料負担なし。。。ということになります。
> そして、任意継続を9月の退職日の翌日からという形で、手続きされたと思いますので、9月分の任意継続被保険者保険料負担が発生します。。。これももったいない。

そうだったのですね。
総務担当の方が、9月末まで欠勤でも籍があれば産休という形で保険料うんぬん…と言っていたのは、そのことだったのかも知れませんね。
役場臨時職員だったんですが、所属の部署が学校で、退職の取り扱いに関しても、二つの部署間(教育委員会総務課)で一致していなかったみたいです…
次回同じような機会があれば(もうないとは思いますが)、今度は総務課の担当者に聞くことにします。


> 8月23日~8月29日の期間で、欠勤等で賃金が払われていない場合(有給休暇は除く)は、産休の対象となり、出産手当金の支給対象となります。ご確認ください。

↑この件ですが、8月は勤務がなく無休の場合も、出産手当金の支給はありますか?
8月1日~8月31日は勤務なし、9月1日~9月11日までの9日間は、お給料の支払いがありました。
今、出産手当金の書類を作成しているのですが、支給期間は8月23日から11月28日にしたほうがいいのでしょうか?
何度も申し訳ありませんが、お教えいただけると幸いです。

>
> ご無事の出産だったご様子。これからの子育ても大変だと思いますが、子どもの成長は何よりの励みになります。
> 大変なときは、赤ちゃんのお世話以外は手抜きをしましょう。。。

ありがとうございます。
程々に頑張っていきたいと思います(ღ˘⌣˘ღ)
返信新規投稿する

Re: ユキンコクラブ様

著者  ユキンコクラブ さん 2015年11月13日 18:09
出産手当金は、労務に服さない期間に対して支給されることになっています。
労務に服さなくても有給休暇等で賃金が払われている日に対しては支給されません。
労務不能期間ではないので、対象となる可能性はあります。
出産日が、出産予定日より早まったのであれば、実出産日に対応した産前産後期間を記入します。出産予定日も記入しておいてください。

在籍期間については、会社の証明が必要ですが、退職後の期間においては会社の証明は不要です。
1枚で提出する場合は、在籍期間がありますから、在籍期間について会社の証明をしてもらわなければいけません。
できたら、在籍期間分のみ会社で証明して初回として申請。。。退職日後の期間を2回目として、請求するといいとおもいますが。。。どちらでもいいです。

事前申請はできませんから、申請する期間が経過してから協会けんぽ等に請求することになります。今日、請求するなら、11月12日分までしか請求できません。その点を注意して請求してください。

不明点は、加入していた健康保険組合または退職した会社に、にご相談されるとよいでしょう。
返信新規投稿する
1~6  (6件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク